追尾型太陽光発電システム

仕様

型式

6連ルーバー式太陽追尾架台

構造

地上設置形

電源

100V

適合太陽電池モジュール

60セル、72セル太陽電池モジュール

取付可能太陽電池モジュール 6枚
電動アクチュエーター DC24V
設計質量 120kg(太陽電池モジュールを除く)
耐風速 40m/sec

追尾角度

一日軸

東西方向

季節軸

南北方向

材質

(耐塩)

メインフレーム

A6005-T6(アルマイト処理)

支柱

一般構造用延鋼材SS400(溶融亜鉛メッキ処理)

回転軸

SUS304

使用温度範囲

-25℃~50℃

図面

特許製法により開発した追尾型

太陽は季節により位置が変わります。
太陽の動きに合わせて発電パネルを可動させる太陽光発電システムです。
当製品は、季節や時間の太陽位置に合わせて季節軸を設定し、季節に応じた太陽光システムがより効率的に発電させます。この高効率で発電するシステム化によって、発電効率を上げ、かつ導入コストも軽減できます。

 

優れた太陽追尾方式

独自開発の追尾制御や一日軸・季節軸の動作範囲によって最大の発電量を実現。

超軽量化の架台

資材・機材などの改良や高性能・高精度の小型装置を採用し、コンパクトで軽量。

高発電効率

低消費電力化の駆動方式や独自のフィードバック制御による自動運転の実用化。

導入コストを大幅軽減

超軽量化及び高発電効率・施工性アップかつ品質を確保した上で限界まで削減。

限られた面積を最大限に有効活用

強度の弱い構造物の狭い屋根等に載せることが可能。

 

システム動作及び構成

ヘリオスシステムは太陽電池パネルの回転角度(水平軸)、傾斜角度(垂直軸)を精緻にコントロールし架台ではなくパネルを回転させることで最大限の発電量を発揮します。独自の技術でパネル間の影を解消し限られた空間に効率アップ、強度や耐久性にすぐれメンテナンスも容易です。

※お客様のご要望に応じて設置条件に合わせたご提案が可能です。■システム構成

 

固定型より1.25~1.4倍発電アップ

太陽を自動追尾する可動式で、一般的な固定式の架台を利用するシステムと比較すると、季節や時刻による電力の発電量のばらつきが少なくなるため、常に最大の発電量を維持しやすくなります。特に朝と夕方の発電量が増加し、固定型と比べると年間の発電効率が約40%以上向上可能です。 

 

■低圧(50kW未満)の投資効率及び経済性シミュレーション

あかりで防犯対策を有効に

「LEDソーラーライト」

夜間を明るくすることで一定の防犯効果が期待できます。ソーラーパネルによる発電であることから電気代がい一切かかりません。また、配線不要でどんな場所でも設置工事が簡単です。

SL40の製品ページを見る

施工例