追尾型太陽光発電システム

追尾型太陽光発電システムの特長

太陽は季節により位置が変わります。
太陽の動きに合わせて発電パネルを可動させる太陽光発電システムです。
当製品は、季節や時間の太陽位置に合わせて季節軸(※)を設定し、季節に応じた太陽光システムがより効率的に発電させます。この高効率で発電するシステム化によって、発電効率を上げ、かつ導入コストも軽減できます。
※季節軸は自動・手動化を選べます。

優れた太陽追尾方式

独自開発の追尾制御や1軸+αの動作範囲によって最大の発電量を実現。

超軽量化の架台

資材・機材などの改良や高性能・高精度の小型装置を採用し、コンパクトで軽量。

高発電効率

低消費電力化の駆動方式や高輝度センサーによる自動運転の実用化。

導入コストを大幅軽減

超軽量化及び高発電効率・施工性アップかつ品質を確保した上で限界まで削減。

限られた面積を最大限に有効活用

強度の弱い構造物(体育館、コンビニなど)の狭い屋根等に載せることが可能。

追尾型太陽光発電システムの動作

ヘーリオスシステムは太陽電池パネルの回転角度(水平軸)、傾斜角度(垂直軸)を精緻にコントロールし 架台ではなくパネルを回転させることで最大限の発電量を発揮します。

独自の技術でパネル間の影を解消し、限られた空間に、効率をアップし、強度や耐久性にすぐれメンテナンスも容易です。

※お客様のご要望に応じて設置条件に合わせたご提案が可能です。

 

 

固定型より約1.3~1.6倍発電量がアップ

独自開発によりパネル間の影の解消や高発電時間帯の高密度化(限られた設置面積の高効率発電化)を実現し 有効に活用することができます。設置条件によっては2倍も実現できます。

 

 

用途に合わせて選べる

太陽電池モジュール設置・施工も含めたシステム販売から、架台のみの販売まで、導入方法をお選びいただけます。

施工例